医学部を目指す人の予備校の特徴と学費

医学部に特化した予備校は200万円から600万円程度の費用が掛かるところが多い

そのため受験で打ち勝つには、他の大学を受験するよりももっと高度な勉強をしなければいけません。
予備校には、どの大学を志望する人でも通えるところと医学部に特化したところがあります。
いずれにしても医学部入試にふさわしいレベルの高い学習をしていますが、特化するところなら医学部入試のことを専門に行い、一般の塾とは指導の仕方も情報提供の量も変わってくるので、学費も高くなる傾向があります。
一般のところで医大を目指すなら、いくら高額でも年間で100万円もかかりませんが、特化した塾の場合は100万円以下のところはほとんどなく200万円から600万円程度の費用が掛かるところが多くなっています。
大学に入学すると卒業するまでに1000万円近い学費がかかるので、それまでに高額な塾台を支払うのは大変ですが、その分少人数制や個別などできめ細かい指導を受けることができ、入試にマッチした学習を受けることができます。
中には全寮制のところもあり、そのような場合は別途100万円くらいかかります。
特化したところでは少人数制というほかにも、様々な特徴を持っています。
医大の受験に精通した講師陣が揃っていて、押さえておくべきポイントを的確に教えてくれたり、生徒に適した大学を見抜いてもらうこともできます。

meducateさんの講師と話しました。


学費は大手医学部予備校に比べたら破格の値段で、手厚いサポート体制が魅力的だと思いました。


確かに再受験のリスクはあります。

お金もかかります。


月末に父と会って話して、
結論を出したいと思います。

— ユリ🎀 (@suzurin__rinrin) March 24, 2020

医学科への志望者は年々増えてきていて競争率が10倍から20倍という難関 : 医学部に特化した予備校は200万円から600万円程度の費用が掛かるところが多い : 情報量は、一般の塾よりもはるかに多い