医学部を目指す人の予備校の特徴と学費

医学科への志望者は年々増えてきていて競争率が10倍から20倍という難関

医学部 予備校 学費私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

医学科への志望者は年々増えてきていて競争率が10倍から20倍という難関 : 医学部に特化した予備校は200万円から600万円程度の費用が掛かるところが多い : 情報量は、一般の塾よりもはるかに多い

大学の予備校は全国各地にたくさんありますが、それぞれの予備校には特徴があります。
大学自体が国公立や私立大学があり、同じ大学の中でも文系と理系、その中でも文系なら文学部や人文学部、法学部や経済学部、教育学部や外国語学部などがあり英語と国語、社会を主に勉強して受験に臨みます。
また理系では理学部や工学部、医学部や薬学部、歯学部や農学部などがあり、英語と数学、理科を主に学習して入試を受けます。
また大学によって偏差値というものも違いがあり、偏差値が高く成績が良い人しか合格できないところもあれば、そこそこの偏差値でも入学できるところもあります。
偏差値が低い大学でもほかに特徴をもっていて、学業以外の分野でも4年間で得られるものが大きいところも多いです。
また、1つの学部にだけ特化した大学や、中高と大学が一貫になっている所など大学にもいろいろあります。
できるだけ多くの人が大学で学べるように、大学にも様々な種類があるので、予備校も様々な学部にも対応できるような学習法を勧めていく必要があります。
その中で医学部に関してはどの大学でも偏差値が高く、なかなか入れるものではありません。
医学関連の大学といっても看護や薬学栄養、生命科学などの科もあり4年制のところもありますが、医師を養成する医学科は6年制です。
医学科においては基礎医学と臨床医学、社会医学を学びます。
1年次は一般教育科目を主に学びますが、リハビリ施設や老人医療施設などでの実習があり、2年から4年次では実験や実習を主に学び、4年次の全国教養試験に合格すると5、6年次の臨床実習へと進みます。
医師になるため大学ではこれらの学習を6年間行いますが、医学科への志望者は年々増えてきていて競争率が10倍から20倍という難関で、人気のある大学なら偏差値もさらに高くなってきています。