宝塚歌劇団雪組トップ娘役の真彩希帆さん。2012年に98期生として入団しました。
花組に配属になり、2014年『エリザベート』の7年目までの若手が演じる新人公演ではマダム・ヴォルフ役を演じました。圧巻の歌声で注目を集めました。同公演終了後、星組に組替えとなりました。
2015年『ガイズ&ドールズ』の新人公演では3番手男役の礼真琴さん演じるショーガール・アデレイド役をキュートに演じました。
2016年『鈴蘭(ル・ミュゲ)−思い出の淵から見えるものは−』 でバウホール公演初ヒロイン、同年『こうもり』で新人公演初ヒロインと、立て続けにヒロインを演じました。
2017年雪組に組替えとなりました。同年『幕末太陽傳』の東京宝塚劇場千秋楽をもってトップ娘役の咲妃みゆさんが卒業され、その後真彩さんがトップ娘役に就任しました。
相手役の望海風斗さん共々歌唱力に定評があり、宝塚大劇場お披露目公演は『ひかりふる路』です。妊婦 ビタミンa