物語の予告の意味もあるその二人の話などをします

主人公たちが、ラルトスフィーナのエリアに、行き、そこにその二人が、登場したという事は、説明させてもらうのなら、それは、すなわちその先に、ピンチにつながるような危険性が、潜んでいるということになります。断定に、ならず、想定にとどまる中で、危険性に、対する確率が、やや高いことに、対しての合図の意味も、あるのです。それに気づいた主人公たちは、それなりのかくごで、進む気持ちに、なります。主人公は、その二人に、話しかけられたときに、まあ、らくばかりじゃないけれど、何とかここまでこれたし、心配してくれてありがとう、その気持ち素直に受け止めていいのかな?他にも、おれたちの事を、他にも心配してくれてる人が、いるのかも知れないなどの話もしています。それに対し、もしおせっかいとか思われないなら、受け止めてほしいと、答えるのです。ちょっと綺麗ごとのようにも、聞こえてしまうけれど、嫌な感じがしない状態があるのです。アリシアクリニック キャンペーン