子供の将来を考えるのならば物理や数学に興味をもつ子供を育てなくてはなりません

子供の将来を考えるのならば物理や数学に興味をもつ子供を育てなくてはなりません。しかし、大抵の人は物理も数学も好きではありません。むしろ苦手です。ですから、結局は高額所得者にはなれないのです。多くの人が理系大学に進むことができずに私立文系に進学してしまう現状を見ればそれを理解するのは容易いのです。

私は私の通っていた高校は高校二年時理系か文系かの選択をします。私は数学は得意でしたが将来は大学では考古学を学ぼうと思っていたので、文系に進もうと思っていましたが、父に「考古学をやりたい。」といったところ父は私に「たとえ東京大学に行ったとしても考古学者として食べていくのは難しい。」といわれて私は考古学の道を諦めました。

ですから、高校の文理選択では私は文系に行かずに理系を選びました。私は高校ではそのまま物理、化学を学んで、理系の国立大学に入学しました。

ですから、私が今の仕事についているのは理系を選択したからです。しかし、私は今でも考古学が好きです。視力回復センター 効果